名物!鯨はりしゃぶ鍋

名物!鯨はりしゃぶ鍋 2,830円
一つ一つの動作に「驚き」、「感動」がある。
特に「鹿の子」の白い脂の中の赤い丸い斑点が、溶けて鯨肉が踊る!
鰹と昆布ベースに作った透明な特製の出汁の味がやみつきに!

<名物はりしゃぶ鍋の説明>
名物の鯨はりしゃぶ鍋とは一言でいえば、はりはり鍋としゃぶしゃぶ鍋の造語です。
一般的な鯨はりはり鍋は鯨肉と水菜の煮込み鍋ですが当鍋は、水菜を刺身用鯨肉で巻いたものを特製だしの中をしゃぶしゃぶとくぐらせて食します。
これは新鮮な極上鯨肉をミディアム・レアと半生状態で食べるのが一番鯨肉の旨味と栄養成分を引き出せる最善の調理法という考えによるものです。

お客様からこの鍋だしだけでも、お酒がすすむと好評を得ています。

本はりしゃぶ鍋のだし汁は、ただ単なるだし汁だけでなく鯨肉にマッチするだしを求めて完成させました。
天然真昆布(一等)、本節(2種混合)生姜等を使用し、透明感のあるサッパリした、あと口の残らない味つけにと丁寧に仕上げています。
コクのある鯨肉との相性は抜群です。

『はりしゃぶ』はむらさきの登録商標です!!!


名物!鯨はりしゃぶ鍋


オススメの食べ方
オススメの食べ方1 1.最初は「逆しゃぶ」で鯨を食べていただく!
「逆しゃぶ」とは?
生の刺身用鯨肉(赤身・鹿の子・本皮)で水菜を巻いたものを、
器に入れ、沸騰した出汁をかけて食べる。
鯨肉が出汁をかけるだけでも火が通るというサプライズ!!


オススメの食べ方2 2.おあとはお箸でしゃぶしゃぶしていただく!
レアかミディアムで頂くのがオススメです。

例)赤身の場合
箸でつまんで鍋からにあげた時に箸の跡が残るぐらいがオススメです!
オススメの食べ方3


鯨肉のしゃぶしゃぶ

店舗情報

店舗情報

店舗情報

太地町立くじらの博物館
くじらの町太地町が発信するくじら情報

(財)日本鯨類研究所
鯨類その他の海産哺乳類の試験研究調査機関

日本捕鯨協会
捕鯨再開をめざして出来た日本を代表する任意団体

営業時間
月~金曜日
17:00~23:00(L.O22:00)
土曜日
17:00~22:00(L.O21:00)

定休日
日・祝・土(一部) 
 土曜日営業
【10~3月】 全土曜日
【4〜9月】  月2回のみ
(カレンダーをご覧下さい)

2017年
 ゴールデンウイークの休み
5月3日(水)〜7日(日)
 夏季休暇
8月11日(金)〜15日(火)
 年末の休み
12月30日(土)・31日(日)

2018年
 年始の休み
1月1日(月)〜4日(木)


TEL

06-6441-3871

住所

大阪市西区江戸堀1-15-4
地図
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード